エレベーターメンテナンスについて

エレベーターの点検

エレベーターを保守し続けるために、メンテナンスということで、エレベーターの点検は必須になります。エレベーターを点検するためには、必ずエレベーターの点検を専門とした業者にご相談しなければなりません。例えば、シャッターの点検などはご自分で行うことができますが、エレベーターの点検となると、話が違ってきてしまいます。エレベーターと言うものは、たくさんの人を載せて、目的の階数まで運びますが、言葉を変えると、人の命を預けている装置と言えるのです。点検が不十分だったために、エレベーターが落下して死亡事故が起きてしまうと、管理者は損害賠償を命じられるというケースも発生するのです。世の中には危険なことがたくさんあります。エレベーターは便利な装置ですが、常に危険がはらんでいるとも言えるでしょう。

エレベーターの点検方法

長い年月が経つと、エレベーターの部品は消耗してしまうので、定期的なエレベーターの点検が義務づけられています。エレベーターの点検は業者が行うのですが、主にエレベーターの点検方法としては、扉がキチンと開閉されるか、エレベーターの部品は消耗しているか、手動によって作動状況を確認するなど色々とあります。点検には専門的な知識が必要になりますので、必ず業者の出番が必要になってくるのです。

エレベーターの検査方法と判定基準

インターネットで検索していただくと、エレベーターの点検方法や、判定基準についてまとめた表を掲載しているサイトがあります。業者は、この表を見ながら、エレベーターの点検を行っているのです。普段、どのようにエレベーターが点検されているのか興味がある方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。